2010年03月07日

ニューヨーク・ニューヨーク その4

ホテル近くの店で朝食。
アメリカ人というのは朝からよく食う。
卵3個は使っていそうなスクランブルエッグに山盛りのポテト、トースト、そしてアメリカンコーヒー。
アメリカンコーヒーというとちょっと薄めのコーヒーくらいに思っている人も多いかと思うが、アメリカのコーヒーは濃いめのウーロン茶くらいの色をしている。つまり、かなり薄い。

ホテルをチェックアウト。「車呼ぶか?」と聞かれたので呼んでもらう。
普通のタクシーが来るのかと思ったら、くそデカいリンカーンのハイヤーがやって来た。
JFKまでは渋滞すると結構時間がかかると聞いていたので早めに出たのだが、日曜の朝なのでまったく渋滞もなく、20分ほどで到着してしまった。

DSC01809.jpgJFKのターミナル8はアメリカン航空専用ターミナル。
免税店はかなりしょぼくて、時間をつぶすのに苦労する。
食い物もまずそうなものしか売ってない。
しかも喫煙所がない。
ま、あまり積極的に使おうとは思わない空港だな。

14時間のロングフライトの末、成田に到着。あー、疲れた。
ラベル:アメリカ
posted by 穴魔 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

ニューヨーク・ニューヨーク その3

朝っぱらからスーパーへ行って買い物をする。
毎度毎度のことだが、旅先でスーパーや市場へ行くと訳わからんものを買ってしまう。
ニューヨークまで来てマヨネーズやケチャップ買ってどうしようというのだ。

いよいよアケダクトへ向かう。
DSC01733.jpgアケダクトはマンハッタンからは結構遠くて、JFKの空港のすぐそばにある。
地下鉄の路線図を見るとその名もズバリ「Aquedact Racetrack」という駅があるのだが、この駅はマンハッタンへ向かう電車しか止まらない。ではどうするかといえば、一つ先の駅がすぐそばにある。おそらくホームの端と端は100mくらいしか離れていないだろう。その駅へ行ってマンハッタン寄りの出口を出れば目の前にアケダクトのスタンドが見える。一応駅前には無料バスらしきものも止まっていたが、歩いたって5分はかからん距離だ。

DSC01750.jpg入場は無料。
かつて第3回ブリーダーズカップを開催しただけあってスタンドはそこそこ大きい。が、客がいない。なまじスタンドが大きいだけに、全体的に閑散とした雰囲気がある。

以下ダイジェストで。
DSC01746.jpg・馬券購入するにはまずバウチャーを購入し、それを機械に突っ込んでタッチパネルで馬券を買う。
・この日は3歳重賞が2つ組まれていた。
・ダートコースの内回りと外回り、この日は内回りを使用。アメリカなので左回り。
・1周約1マイル、この日は6F、1マイル、1マイル1/16のレースがあった。
・ターフビジョンがあるが小さい。引きで映すと肉眼の方が大きく見えるくらい。
・オッズ表示は単勝のみ、馬券は馬単/3連単/4連単あり。
・場内の食い物屋はジャンクフードばかり。ホットドックのネイサンズで昼飯
・3階にちゃんとしたレストランもある。飯食いながらレースが見られる。
・客は結構元気、というかそもそもアメリカ人は声が大きい。
・まずは試しと購入したレースで馬単的中。
・しかし後が続かない。
DSC01740.jpg・馬連2点で読み切る→馬連がない→軸から2点で勝負→きっちり裏を食う。
・最終はナカタニで勝負!
・ナカタニ、4角先頭で回って来た
・出来た!と思ったら失速
・玉砕
・帰りはAquedact Racetrack駅から地下鉄に乗って帰る。

ニューヨークの決まりでは地下鉄の中で寝てはいけないらしい。まぁ今ではニューヨークの地下鉄もそれほど危険な雰囲気はないのだが、昔の名残なのだろう。
とはいうもののそこは日本人、電車で座っているとついうとうとと・・・あ、いかんいかん。目をぱっちり開けて・・・開けて・・・あれ?記憶が飛んでいる。やっぱり寝ちゃうよなぁ。

DSC01774.jpg夜はマジソンスクエアガーデンへ行く。
我々の世代だとマジソンスクエアガーデンといえば「マジソンバッグ」である。
が、当たり前だがマジソンスクエアガーデンにマジソンバッグは売ってない。

この日はNBAの試合が行われていた。ニューヨークニックス対ニュージャージーネッツ。
客は8分の入りというところか。
NBAのことは詳しくないのだが、どうも最近のニューヨークニックスは弱いらしい。
DSC01798.jpgこの日も途中10点ほどリードしながら最終的には逆転負け。
私の目の前にいた数少ないネッツファンが大騒ぎして、その度に「くそガキうるせえぞ、黙ってろ!」みたいに野次られていた。それでも得点のたびに大騒ぎしていたから、ある意味度胸のある奴だ。

ニューヨーク最後の夜はタイムズスクエアへ。
まさに世界中からお上りさんがやって来ている。
別に何があるという訳ではないのだが、まぁニューヨークらしい場所だと思う。
ラベル:アメリカ
posted by 穴魔 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

ニューヨーク・ニューヨーク その2

今日はマンハッタンを南から北へ縦断してみる。というわけで、まずは朝の地下鉄に乗ってマンハッタン島の最南端と思わしき場所で下車。ちなみに、ニューヨークの地下鉄は落書きだらけで汚い・・・というのは過去の話らしい。

地上に出ると公園のようなところがあって、その先は海。そしてその海上に見えるのが、かの有名な自由の女神。ま、日本にもあるけどな。お台場とか、田舎のラブホとか。

とにかく自由の女神を「見た」ので、北上を開始する。え?自由の女神に行かないのかって? だってすごく混むらしいんだよ。姿は見たんで、まぁそれでいいか、と。

DSC01625.jpg北上を開始してすぐにあるのがウォール街。世界経済の中心地。私も一応副業とはいえ金融屋の端くれ(本業はあくまでも馬券師)、ウォール街くらいは観察しておかないと。
で、いざウォール街に行ってみるとこれが案外ショボい通りなんだわ。まぁさすがにNY証券取引所は立派な建物だったが、通りそのものはものすごい大通りというわけでもなく、フィットネスクラブとか携帯電話屋なんかもあったりする。とはいえNY証取はさすがの貫禄。昔は簡単に見学させてくれたらしいんだが、今は建物の周囲は柵で囲まれて厳重警戒。近寄ることすらできない。

早くも歩き疲れたので(弱)、ここいらで朝飯。具だくさんのスープとコーヒー。サンドイッチとかいろいろ売られていたが、何を見てもいちいち“Low Fat”と書かれている。まぁお前ら、健康に気を使ってるんだな。

DSC01631.jpgウォール街から歩いて行けるところにあるのがグラウンドゼロ、要するにワールドトレードセンターの跡地。変な話だがすっかり観光名所になってる。さすがにピースサインで写真撮ってる奴とかはいなかったが、そういうことする日本人とかいそうだよなぁ。

グラウンドゼロの近くに、Cencury21というデパートがある。不動産屋ではない。ここ、会社の人に教えてもらっていたのだが、服とかめちゃくちゃ安い。気合い入れてお買い物。特にネクタイは安かったのでまとめ買い。お、靴も安いなぁ。じゃ買っとくか。

戦利品で両手が一杯になったので、とりあえず一旦ホテルに戻る。実は真っ昼間からホテルで横になって休むのが大好きだ。今回の部屋にはおあつらえ向きのカウチが置かれていたので、しばしの休息。

一休みしたのち、再び出撃。
しばらくふらふらと歩いていると、かつてのリーマンブラザーズの本社ビルにたどり着いた。会社の同僚に元リーマンの社員がいて、「どうなっているか見てきてー」と言われていたのでビデオに録っておく。

そのすぐ近くにあるのがタイムズスクエア。世界中から観光客がやって来ている。

DSC01647.jpgさらに歩き続けると、ロックフェラーセンターがあった。スケートリンクで有名な場所、そして日本のバブル全盛期に三菱地所が購入してアメリカ人の非難を浴びた場所。ここの建物の上部が展望台になっているので登ってみる。NYで展望台と言えばエンパイアステートビルということになろうが、ここロックフェラーセンターからの眺めはエンパイアステートからは絶対に見えないものが見える。それはエンパイアステートビル自身の姿。

DSC01656.jpg地上に降りて、5番街を歩いて北上。ティファニーの本店なんぞを横目に見ながら歩き続けるとセントラルパークまでやって来た。ここまで来るとさすがに疲れたので、ここからは地下鉄に乗って一気に北上。マンハッタンを通り過ぎ、ブロンクスに入ってすぐのところにあるのがかの有名なヤンキースタジアム。出来たばかりの新スタジアムと、解体中の旧スタジアムが道一本隔てて並んでいる。特にヤンキースに興味があるわけでもない私がここまで来た理由はただひとつ。ニューヨーク市にある5つの区で“アメリカ大陸”にあるのはブロンクスだけなので(あとは島)、とりあえずアメリカ大陸に上陸しておこう、と。

DSC01692.jpgここでマンハッタンに引き返し、エンパイアステートビルに向かう。
世界で展望台は数あれど、世界中から人がやってくるのはやはりエッフェル塔とエンパイアステートだろう。
エッフェル塔には以前行った。そしてついにエンパイアステートにやって来た。

DSC01711.jpgここから見る夜景は圧巻。
とにかく光の量が多い。
あまりに月並みではあるが、やはり一見の価値はある。
お上りさんと言われようと何しようといいじゃないか。

ラベル:アメリカ
posted by 穴魔 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

ニューヨーク・ニューヨーク その1

かつて「アメリカ横断ウルトラクイズ」では「ニューヨークへ行きたいかー!」と言っていた。この番組が始まった頃は、ニューヨークへ行くのはそれなりに大変なことだったらしい。ところが、今となってはチケットもずいぶん安くなったし、その気になればそう難しいことではない。

というわけで、ニューヨーク3泊の強行日程で行ってみることにした。会社終わって成田に直行し、アメリカン航空のニューヨーク直行便に乗る。

12時間以上のロングフライトの末、同日夕方にニューヨーク到着。乗り合いバンでマンハッタンのホテルに向かう。乗り合いバンなのでどういう順番で回っていくのかな・・・と思っていると、幸いにも一番最初に私のホテルに行ってくれた。

ホテルにチェックインする。それにしてもニューヨークはホテルが高い。1泊100$以下のホテルってほとんどない。

ny20102.jpgとりあえず晩飯でも、と思って外に出る。ホテルの近くにグランドセントラル駅があった。そのグランドセントラル駅の真上にそびえ立つのがメットライフビル。以前の名前をパンナムビルという。パンナムビルといえば「アメリカ横断ウルトラクイズ」の決勝の場としておなじみだった場所。かの番組ではあれこれクイズやってようやくたどり着く場所なのだが、私は直行便に乗ってあっさりやって来てしまった。

グランドセントラル駅の中でハンバーガーを食う。肉だけで厚さ3cmはあろうかという巨大なハンバーガー。さらにポテト山盛り。コーヒーもデカいカップに入ってくる。が、このコーヒーが本場のアメリカン。コーヒーの香りがほとんどしない。ちょっと濃い麦茶みたいな色だ。

ny20101.jpg腹も一杯になったし、ホテルに戻ってシャワー浴びて寝る。時差ぼけは大丈夫なのか?と思われるかもしれないが、エコノミーの座席で熟睡できるわけもなく、むしろ完徹明けくらいのイメージなのでとっとと寝たいくらいだ。
ラベル:アメリカ
posted by 穴魔 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。