2013年12月13日

冬のラスベガス その4

ラスベガスのホテルはとにかくデカい。
私が今回泊まったフラミンゴで部屋数4000以上。
日本にはこんなに大きなホテルはない。

ただ、あまりにも大きいので部屋から外に出ようとするだけでも大変だ。
まず、部屋からエレベーターまででも廊下を延々と数分歩いていかなければならない。
エレベーターも数はそれなりにあるのだが、そうすぐには来てくれない。
エレベーターを降りてからもまた歩かされる。
部屋からホテルの外に出るだけでも下手すると10分かかってしまう。

ラスベガスには各ホテルが無料で用意しているショーなどがある。
laslax031.jpgその中でも有名なのがベラッジオの噴水ショー。
ホテル前の池にある噴水が音楽とともにいろんな動きを見せる。
これ、15分から30分おきに行われ、その都度曲が変わる(噴水の動きも変わる)ので見ていて飽きない。なお、その日の最初と最後のショーは必ずアメリカ国歌が使われる。
「ただ噴水があるだけだろ」と思うかもしれんが、生で見るとなかなか迫力ある。
なにしろ無料だし、ストリップのフォーコーナーの角で場所も便利なとこだし、とりあえず見ておいて損はなかろう。

laslax02.jpglaslax03.jpg夜はパリスのエッフェル塔に登ってみる。
展望台自体さほど大きくないので混む時はものすごく混むと思われるが、この日は幸い空いていた。やっぱり12月のラスベガスはそもそも人が少ないのだろう。
ベラッジオの向かいにあるので、噴水ショーもよく見える。
ここから見る夜景は美しい。


ホテルに戻って勝負のお時間。
スポーツブックでNBAに賭けつつ、馬券も購入。
ハンデつけられていたロサンゼルス・レイカーズで勝負してみたのだが、1Qで早くもハンデ差以上に差を広げられる苦しい展開。
そして馬券の方はというとこちらも散々で、ゴール前3mで差されたりと悶絶する結果。

最後の夜はブラックジャックで勝負。
前回のラスベガス訪問ではこれで滞在費用を稼ぎだした。
が、この日はどうも調子が悪い。
次々と100ドル札をチップに交換していくのだが、それがあっという間に消えていく。
朝日も昇ろうかという時間帯になって、一発逆転を諦めて撤収。
ま、負けた・・・。
posted by 穴魔 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。