2013年12月14日

ドライブ開始

朝になって、最後の最後にもうひと勝負。
ラスベガスにはスロットマシンがたくさんあるが、その中でも一発ハマったときにデカいのが「MEGABUCKS」という機種。
これは複数の場所にあるスロットマシンをつないで、それぞれのマシンでのハズレ金額から一定割合を積み立てて大当たりの際にそれを一気に払い戻すという「プログレッシブ型」と呼ばれる機種の中でも特に払戻金額が大きいことで知られるもの。
メガバックスの場合は最低1000万ドル(約10億円)からスタートし、多い時では4000万ドル近くまで積み上がることがある。
その時点でいくら払い戻されるかは、スロットマシンの上にデジタルで表示されているのですぐわかる。

おもむろに紙幣を機械に突っ込み(今時のスロットマシンはコインなど使わず、紙幣をそのまま入れられるようになっている)、スロットを回す。
が、10億円なんて当たりがそう簡単に出るはずもなく見事撃沈。
これにてラスベガスでの戦いは終了。

空港へ行ってレンタカーを借りる。
これから数日間はドライブで楽しもう、と。
今回借りたのはMAZDA 3、日本でいうところのアクセラに相当する車種。
マツダのレシプロエンジン車を運転するのは初めて(RX-7なら所有していたことはあるが)だったが、なかなかいい作りしてるね。

laslax04.jpgまずはラスベガスのすぐ近くにあるレッドロックキャニオンというところへ行ってみる。
ここ、ラスベガスから車で1時間もかからないところなのだが、ものすごい絶景。
レンタカーさえあれば簡単に行けるので、とりあえずアメリカの大自然という感じのところを見たい場合にはちょうどいい。

ここからは一路ロサンゼルスへ向かってハイウェイへ。
laslax06.jpgハイウェイを走ってネバダ州からカリフォルニア州に入ったところにあるのが10マイル(約16キロ)一直線の道。
これが本当に見事なまでにまっすぐ。
ラスベガス側から10マイル行ったところにハイウェイの出口があって、そこを出ると立体交差の上から10マイルの直線が一望できる。

ロサンゼルスまで約400キロちょっと、一気に走ろうかと思ったんだが何しろ昨夜ほぼ徹夜でカジノにいたので眠くなってきた。
さすがに事故は起こしたくないので、途中の適当なところでハイウェイを降りて宿探し。
前回アメリカ中部でドライブをしていた時はチェーン系のモーテルばかり泊まっていたので、今回はあえてチェーン系ではない個人経営のモーテルに泊まってみることにした。

宿には洗濯できるところがなかったが、「向かいのショッピングセンターの中にコインランドリーがあるよ」ということなので行ってみた。
日本でコインランドリーというと主に一人暮らしの人が使っているイメージだが、アメリカでは普通に家族連れとかで来てたりする。
そして一家全員分の洗濯物を洗えるように、洗濯機や乾燥機もバカでかい。
そしてそのバカでかい洗濯機や乾燥機が何十台も並んでいる。
なかなか凄い光景だ。
posted by 穴魔 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。