2013年12月16日

メキシコへ

今日はメキシコへ入国してみる。
サンディエゴの街をハイウェイで通り抜け、そのまま南へ向かうとメキシコとの国境がある。
ハイウェイに”LAST USA EXIT"という看板があるので、そこで忘れずに降りること。
というのは、アメリカのレンタカーは一般的にメキシコへの乗り入れを許可していない。
なので、車は国境近くの駐車場へ置いていく。1日数ドルで停められる。

laslax09.jpglaslax10.jpgあとは人の流れについて行けば自然と国境に出る。
国境には回転扉があって、それを越えればメキシコ入国。何の手続きもない。
(そのままメキシコへ72時間以上滞在する場合はちゃんとメキシコ側のイミグレーションに行って手続きをする必要がある)

laslax12.jpgメキシコ側の街はティファナという。
回転扉一つ越えただけでアメリカとは全くの別世界だ。ラテンの香り満載。
走っている車やバスがいきなりボロくなる。
看板代わりに建物の壁に直接ペイントしてしまう。
そして、食べ物がおいしくなる(笑)。アメリカのジャンクフードとは天地の差。
タコス美味いよタコス。

laslax11.jpgティファナの街は治安が悪いといわれる。
が、日中に人通りの多い街中を歩いている限りはさほど問題ないのかな、という気がした。
まぁ世の中悪いことしようとする人はやっぱり陰でコソコソとやろうとするものだろうし。
今回、歩いている途中でポケットに入れていたクレジットカードを気づかずに落としてしまうという大失態をやらかしてしまったのだが、それに気づいたメキシコ人が走って追いかけてきて届けてくれた。いい人じゃないかメキシコ人。

とりあえず国境を越えてみようとティファナへ来てみたが、特に何をしようということもなかったので、ラテンの香りを満喫したらアメリカへ戻ることにする。
アメリカ→メキシコは回転扉一つだったが、逆はそう簡単にはいかない。
メキシコ出国はともかく、アメリカへの入国はチェックが厳しい。
イミグレーションは長蛇の列。
そこで登場するのが、国境を越える乗り合いバン。5ドル。
まぁこれを使ったからといってめちゃくちゃ早く入国手続きが済むというわけでもない(車だって渋滞してるし)のだが、一番の利点は待ち行列の間エアコンの効いた車内で座っていればOKというところか。

アメリカへ戻ってきて、一路ロサンゼルスへ。
ロサンゼルス近郊までやってきたところで宿を確保。
晩飯を食おうと思ったが近くにお手頃な店がなく、仕方なくセブンイレブンであれこれ買い込んでみたのだが・・・マズいよ・・・。
posted by 穴魔 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。