2013年12月18日

帰国

旅行最終日。

早朝にモーテルをチェックアウトして、まずレンタカーの返却。
ラスベガスで借りてロサンゼルスで返却するわけだが、アメリカのレンタカー屋は太っ腹なところがあって、ネバダ州とカリフォルニア州相互間では乗り捨て料金がかからないことが多い。そもそも今回乗っていたのはカリフォルニアナンバーの車だったので、まぁ私が乗り捨てることによってちょうど陸送を兼ねたようなものということなのだろう。

帰路はロサンゼルス→サンディエゴ→成田という旅程。
ロサンゼルスからサンディエゴは飛行機で飛ぶとあっという間。
メキシコへ行く際に自分でドライブしたときにはそこそこ距離があると思ったんだけどなぁ。

サンディエゴから成田はJALのB787に初搭乗。
さて、どんなもんなのか・・・と思いつつ搭乗ゲートへ行くと、お呼出しされる。
なんだと思ったら、ビジネスクラスへのアップグレードのお知らせ。
おお、ラッキー。
というわけで初のB787はいきなりビジネスクラス。
ってか、JALのビジネスクラス自体が初めてだ。

感想としては「日本人はこういうの好きだろうな」というところ。やたら丁寧な挨拶とか、和食中心の機内食とか。もちろんそれは悪いことではないけど(実際、機内で食べた焼き魚は美味かったし)、外国人客(少ないけど)はそういうのを求めているのかどうか。
機内食で吉牛とかモスバーガー出されて喜ぶ外国人がどれだけいる?というかそもそも吉牛知ってる外国人がどれだけいる?日本人の顧客だけでいつも満席だからいいんです、という状況なのであればまぁ結構なことではあるけど、そういうわけでもなかろうし。
あと、JALはスカイタイムの柚子味を復活してくれ。

さすがにビジネスクラスはエコノミーほど疲れない。 <当たり前だよ
もう少し長距離飛んでもいいよ、というくらいの頃に成田に到着。
posted by 穴魔 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。