2014年04月17日

ソンクラーンのバンコク その6

06-01.jpgバンコクへ戻る。
帰りはバスをチョイス。
ワゴン車なんかよりはるかに快適。

今日はちょっとだけ贅沢をする。
バンコクにはそれこそ安宿から世界的な高級ホテルまで様々な宿泊施設が揃っているわけだが、バンコクの高級ホテルはチャオプラヤー川沿いにたくさんある。
その中の一軒、ペニンシュラ・バンコクに泊まってみる。

ペニンシュラといえばそもそもは香港を代表する超高級ホテルだが、バンコクではそこまで高くはない。
チャオプラヤー川を挟んで反対側にあるマンダリン・オリエンタル・バンコクに比べたら半額くらいで予約できた。

ペニンシュラ・バンコクは全室リバービュー。
当然私の部屋からもチャオプラヤー川を一望できる。
まぁ汚い川なんだけどね・・・。

06-02.jpg昼食の時間にはちょっと遅くなってしまったので、ロビーでアフタヌーンティーを頂いて昼食代わりにする。
伝統的な英国式のものとタイ式のものが選べるが、ここは英国式をチョイス。
スコーン美味しいよスコーン。
イギリスはメシマズの国として有名だが、スコーンは美味しい。

プールがあるので行ってみる。
デッキチェアに座って読書。
人間って水辺にいると落ち着くのかね。
とはいえそれは大人だけのようで、子供はプールの中で大はしゃぎ。
それにしても子供の頃からペニンシュラに出入りできるっていいとこの育ちなんだなぁ。
私が子供の頃なんてせいぜいホテル三日月くらいだったんだが。

06-03.jpgバンコクのペニンシュラはチャオプラヤー川のトンブリー側(市街中心部とは逆側)にある。
なのでいまさら街中へ出かけていくのも面倒くさくなった。
というわけで晩飯もホテル内で済ませる。
パッタイがいつも道端で食べているパッタイとは全く違ったお上品なものが出てきて焦る。
そりゃまぁ屋台と同じようなものが出てきても困るんだが。
さすがペニンシュラ。
posted by 穴魔 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。